<   2006年 02月 ( 34 )   > この月の画像一覧

Excite エキサイト : スポーツニュース 最高の舞台で最高の結果 荒川が帰国、会見
今か今かと待っていた荒川の記者会見。何故か,どのチャンネルも最後になって生中継だけせず。唯一、生中継しかけたNHKも何故かキャスターの解説に画面は切り替え。瞬時写った会見場はスポンサー企業の羅列の山。その前に荒川を鎮座させた状態。あれではTVの中継は無理でしょう。NHKも民放も。こんな露骨な態度は珍しい。9時のニュースもバックが写らないようにドアップのみで対応。これでは,荒川可哀想。せっかくの記者会見なのに。今のJOCは選手育成よりスポンサー優先の本音がありあり。とはいえ、ご苦労様。
by keishi_ikeuchi | 2006-02-28 21:22 | 独り言
多くの方の支援のお陰で無事に第2期も終了。明日から第3期です。
すっかり,風で織るタオルもファクトリーブランドとして育てていただき,沢山の芽をつけていただきました。第2期はオーガニック比率も60%となり、オーガニック比率は世界でも有数のタオル会社になりました。今後ともご支援お願いします。
by keishi_ikeuchi | 2006-02-28 18:30 | 独り言
Excite エキサイト : 政治ニュース 女系天皇容認は64% 前回調査より8ポイント減
100年も家系をたどれれば旧家の日本で有史来の家系を誇るのが天皇家。失礼だが人類の歴史にとっても貴重な天然記念物的DNAの保存家系。今後のことを決めるのは国民や有識者でなく,本人達の意向で決めるべきこと。良い方法はないの・・・
by keishi_ikeuchi | 2006-02-27 20:14 | 独り言
Excite エキサイト : 社会ニュース サクラの開花、平年並み 民間気象会社が予想
やたらと寒い四国。今日も結構、冬の感じ。
葉桜になると、花粉病は治るので、一日も早く咲いて欲しいところ。四国は何故か、桜は東京より1週間遅いのです。
by keishi_ikeuchi | 2006-02-27 17:54 | 独り言
今、住んでいる住宅地の裏山は伊予柑畑。そのオーナーが入院で今年はとれないので、誰でも採ってくださいということで、散歩がてらに山へ。
数万個の伊予柑が木で完熟。ああ、もったいない・・・・・
聞くと、こういう状況の農家が多いらしい。何とかならないんだろうか、ニート対策とか。
by keishi_ikeuchi | 2006-02-26 19:40 | 独り言
弊社の本拠地、今治市が快挙。
地方都市がこの思い切った提案。僕たちが今治市に存在することに、また一つ、プライドを与えてくれる。日本で最初のオーガニック都市を目指そう。

<遺伝子組み換え作物>栽培規制の条例検討 愛媛・今治市

 安全性に不安の声が根強い遺伝子組み換え作物について、愛媛県今治市が栽培を規制する条例制定の検討を始めた。6月市議会への条例案提出を目指す。北海道が今年から交雑防止のため同作物の栽培を許可制にする条例を施行したが、市町村では非常に珍しい。有機農業などを推進し、地元産農産物の安全性をうたう内容にする。
Excite エキサイト : スポーツニュース 荒川が金メダル獲得 村主は4位、安藤15位、
見てて惚れ惚れするくらい肝が据わっている。凄い。加えて、欧州人から見れば、最も日本的に見えるあの切れ長の目が観客を魅了したのでしょう。あれだけプレッシャーかけたら、オリンピックだけ勝てないスルツカヤはもうなすすべがない。おめでとう。 
by keishi_ikeuchi | 2006-02-24 10:15 | 独り言
今日訪問した展示会にIPODとのコラボレーションモデルとして登場。
人前でIPODの操作はちょっと気恥ずかしい。特に僕のような叔父さんは。
胸元のデザインボタンで操作できるなんてばっちり。後はワイヤレスの超小型ヘッドホンがあれば問題ない。僕がオーデイオメーカーに残っていれば絶対につくったけどなあ・・・音楽を空気のように吸うコンセプトが25年後に現実になるとは。このコンセプトはTECHNICSが生んだのでPANASONIC是非御願いします。
by keishi_ikeuchi | 2006-02-23 19:08 | 独り言
***************
衣服のオーガニック?

オーガニックと云えば通常食品に限られると思われるが、
アメリカではどんどんと衣類の分野でも、
意識の高まりとともに小さな動きとなって生まれはじめています。

現在の大きな問題意識は、コットンの生産に関わる問題から
発生して来ているのです。アメリカの統計で見ると、
1ポンド(約450グラム)のコットン生産をするのに、
生産者は約150グラムの農薬殺虫剤や化学肥料を使っている
データーが出ています。

恐ろしいことにコットン生産19州で使うコットンのための
殺虫剤使用量だけでも、全米農業全体で使われた殺虫剤の
25%にも及んだというのです。綿の木は実を付けるときに
害虫を引き寄せる成分を分泌するので、経済中心に
安易な形で殺虫剤を使う方向に向かったのでしょう。
その結果、土壌の汚染がはじまり、雨などで河川まで徐々
に汚染される状況の発展しているのです。

これまでは、もとヒッピーを中心とした人たちの作った会社が
オーガニックにこだわる生産方法をとったりしていたのが、
現在では8500万ドルにまで売り上げが伸びているよ言います。
この成長率は、前年比で22%にも上っているので、ある意味では
成長の勢いがつきはじめていると云えるでしょう。
でもこの数字は人絹を含めた全体のアパレル消費額の0.04%
にしからならず、今後の引き続き関心が高まっているのかに
掛かっているでしょう。

食品は人が直に吸収するために、意識が先行をしていますが、
衣類にしても人の肌に身につけるため、アトピーで悩む人が増えている
中で日本での意識も必ず高まっていくことでしょう。
お金は少し高いとしても健康の代えられない買い物と云うことで、
問題意識の高い人からの動きであることは間違いありません。

もう一つ大事なのは、デザインが洗練されていないと、いくら
オーガニックコットンで作っているといえども、美的文化に
合わないものは買わないという傾向が強かったのですが、
ここへきてパタゴニアやナイキなどもオーガニックを
強く意識した商品戦略をつくり、消費者に徐々に
企業姿勢としてだけでなく、ファッション性の優れたものとしての
市場が形成されて来ています。

日本でも大手のところが、そのような意識になるようになれば、
世界のコットン生産に携わっている人たちが、
より健康な生活ができるだけでなく、地球汚染を間接的にでも
抑えられると云う素晴らしい気持ちになれそうです。
オーガニックコットンに注目をしてみませんか?
Excite エキサイト : スポーツニュース 松井秀がキャンプイン 大リーグ4年目に始動
普通ならキャンプで体作る時期に試合するって、本当に大丈夫?
経営優先でWBCの時期は決まったわけだが、この結果、シーズン中にけが人の出ないことを祈るのみ。松井はまだ、メジャーで充分成功しているわけでないので、本番を重視した勇気ある欠場の決断には拍手しよう。
by keishi_ikeuchi | 2006-02-23 09:56 | 独り言