カテゴリ:爽竹・バンブーヤーンの魅力( 11 )

d0033692_14373354.jpgバンブー1は2004年の発売以来、シルクのような感触で日本のみならず、欧米でも大人気のアイテムです。赤ちゃんが口に入れても大丈夫と言うエコテックス・クラス1の認定商品ですが、今回、遅ればせながら今治タオルデザイン認定も得ております。
ps 社長的には世界で最も厳しい基準の一つと言われるエコテックス・クラス1に認定されている商品が、この程度の基準と思ってはおりますが、泣く子には勝てず・・・。弊社では唯一、エコテックスの認定を受けていない最も実用的なストレーツシリーズでも今治タオルデザイン認定を得ております。
d0033692_852562.jpg
昨日の朝は押切もえさんや春日の傘で芸能ニュースの話題となっていた『MOTTAINAIのフェア』が14日まで開催されています。
弊社からは新製品のスポーツタオルやフェイス、ウオッシュなどバンブーのMOTTAINAIシリーズも登場しています。この後は品川や立川のエキュートでも開催の予定です。
d0033692_11103165.jpgDEVALLとのコラボ商品がアメリカ市場にデビューして2年。100社弱の専門店で取り扱われているが、バンブーのソフトさは大変好評のようである。少し遅れていた雑誌

d0033692_1120511.jpgでの紹介もスタート。この夏からはニーマンマーカスでの発売も決まっている。IKTもWATERWORKSで全米展開がスタート。ABC CARPET & HOME,VIVA TERRAを加えてアメリカのハイエンド市場はBAMBOO & ORGANIC-COTTONが一つの基準になる日も近い・・・
それにしてもEUに特許問題で上陸できないのは残念な話である。
DeVall社とのコラボレーションNANDINAの展示会がダラスそしてパリと続きます。
追加サンプルは14日に日本を送付しましたが、何と、一部は迷子でアンカレッジ空港にいるらしい。アメリカの配送違いは日常とはいえ、本当に困ったもの。何とか当日、ダラス持込で間に合うようだが。そして、来週は愈愈、パリ。IKTのコンセプトをEUの人たちがどのように受け止めてくれるか期待と不安。日本から多くのプレス、バイヤーも来てくれるようだ。
http://ikeuchitowel.com/corp/topics/pdf/maison_objet.pdf
http://nandina.orgd0033692_1292857.jpg
資生堂が設立資金を寄付した南青山スキンナビクリニックが開設。美しい肌を科学的に適切にナビゲートする美容皮膚医療設備です。この医療設備ではデリケートな肌のためにバンブー素材のタオルが全面的に採用されました。大変、光栄なことです。
http://www.skinnaviclinic.jp/
37時間続く23日はまだ夕方です。偏西風が強いのか、新型777が速いのか、11時間弱で着きました。ABC-HOMEの商談が終了し、今はホテルです。この後はRIMAと打ち合わせして、朝にはロサンゼルス移動。ABCのバイヤーに池内はクレイジーといわれてしまった!
相変わらず、うれしくなるほどの店頭展開。写真に写っているのはIKTのコーナーです。
これに加えて、DE-VALLとコラボのバンブーも展開されています。クリマスにはRIMAも登場です。
d0033692_7153229.jpg

先週パームスプリングで進行していたカタログ用写真撮影。どうしても瀬戸内海の美しさと社長のコメントがないと商品が表現できない・・・ということで、突如カメラマンが今晩来日。明日朝から、一日で撮影するということだが、天気は大丈夫かな?もう僕も一日じゃダイエットは無理なので睡眠だけとるか・・・
縁あって、日本を代表するタオルショップ"カラカラ”でバンブー商品を取り扱いがきまりました。お店の閉店後にIKTの考え方とか商品特徴の勉強会。大変熱心な質疑応答に感激。やはり、成功している店は従業員教育が違うと教えられました。
バンブー大好き仲間が日本へやってくる。アメリカ人は本当にバンブーが好き。休日は日本の竹林が見たいという。さあ、何処に連れて行こう・・・
ソトコト7月号『LOHAS大辞典』でタオルにはIKTのバンブータオルが選ばれました。
健康と持続する社会をライフスタイルとするLOHASの考えの商品ということです。気持ちよく永く使えることを開発方針とする弊社にとっては嬉しい話です。