カテゴリ:和綿倶楽部( 13 )

d0033692_1219699.jpg柿渋染を忠実に再現する㈱柿多富が柿渋展を実施します。
生地染、商品染に加えて、綿染(トップ染)の柿渋まですべてがご覧いただけます。弊社も和綿倶楽部の筑波和綿で新規開発をスタートさせています。近い日に和綿と柿渋のコラボレートをご期待ください。
今年の11月15日のボジョレーヌーボーではなくコットンヌーボーの日を目指して頑張っております。
by keishi_ikeuchi | 2012-06-28 12:27 | 和綿倶楽部
11月17日に発表させていただきました超希少綿のつくば和綿の商品発表会の模様が早くもオルタナ誌のWEBで紹介されております。
http://www.alterna.co.jp/7586
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20111121-00000302-alterna-soci
ps
つくば和綿の畑も収穫前に訪問しなければならないなあ。インドから帰ったら予定の調整必要だ!
by keishi_ikeuchi | 2011-11-21 12:25 | 和綿倶楽部
愈々11月17日に発表&発売開始となる『和綿倶楽部+風で織るタオル』。原材料は超希少の筑波和綿で、2009年、2010年2年分で78kgしか綿糸になりませんでした。和手ぬぐい、タオルハンカチ、ガーゼマフラーはいずれも500枚前後の限定生産。和手ぬぐいは明治末期に花開いたナフトール染料の注染で再現させました。注染ならではの洗うたびの色褪せ感、隅がほつれると切り落として長く使う織りっぱなしの仕上げ、一枚一枚微妙に違う染め上がり等々。よく、説明しないと市場クレームも必至の特徴が並びます。それも覚悟で、社長が作りたかった一つです。正しい和手ぬぐいを知ってもらいたくて。
by keishi_ikeuchi | 2011-11-14 14:21 | 和綿倶楽部
d0033692_173241.jpg何時かは再現したいと思っていた和綿による和手ぬぐい。明治から大正にかけてピークを迎えた和手ぬぐいの再現には欠かせなかった和綿生地。和綿倶楽部が手作りで栽培した和綿を大正紡績で紡糸。和綿だけでは紡糸が困難なため性質の近い有機栽培綿のペルー・アスペロ綿を50%・つくば和綿50%の混紡でわずか78kgが作られた超希少綿。染はナフトールの注染。日本の技を集結しての再現です。詳細発表は11月17日。
by keishi_ikeuchi | 2011-11-08 17:10 | 和綿倶楽部
d0033692_14511970.jpg 水戸和綿で作られるタオルハンカチ。2009年、2010年度で有機栽培された水戸和綿。これにペルーの有機栽培綿を50%ブレンドして出来上がった貴重綿『お江戸日本橋』はタオルハンカチ、コットンマフラー、和手ぬぐいで極少量商品化を目指して製織を始めています。風合いは大変サラサラした感触の仕上りになりそうです。
by keishi_ikeuchi | 2011-10-05 14:56 | 和綿倶楽部
d0033692_1526679.jpg水戸和綿で織りあげられるコットンマフラーとタオルハンカチ。最初の試織がスタートしました。今朝、工場長から織機には載せたが、製織できない可能性があると報告されていたが、何とか、製品になりそうです。工業製品にするには繊維長の問題もあり、市場から消えていった和綿ですが、何とか復活の道は見えてきました。
by keishi_ikeuchi | 2011-10-03 15:31 | 和綿倶楽部
d0033692_13314132.jpg先週から咲き始めた和綿は黄色の花は一日で終わり、左サイドのように赤く染まります。そして、この中に綿花が作られていきます。さあ、全部で何個の綿花が収穫できるかお楽しみです。東北の塩害地で栽培している綿花はどのような生育状態か気がかりです。
by keishi_ikeuchi | 2011-09-29 13:35 | 和綿倶楽部
d0033692_7455686.jpg9月以降、毎日見るたびに大きくなる和綿。当然、有機栽培をしているのですが、少し虫食いの葉が見つかりました。まあ、極力共存。さあ、月が替わると花が咲いてくるかもしれない。昨日の日経では今治のおちJAが今治で綿栽培して40kgの綿花でコットンマフラーを作ると発表してました。これも楽しみですね。
by keishi_ikeuchi | 2011-09-24 07:49 | 和綿倶楽部
d0033692_14345281.jpg台風時は事務所非難していた和綿ですが、ここ1週間の残暑効果は著しく一機に成長をしています。この調子だと、秋には綿を咲かせてくれそうで、楽しみです。和綿は虫には強いと聞いているが、今からが勝負です。
by keishi_ikeuchi | 2011-09-12 14:38 | 和綿倶楽部
d0033692_1464074.jpg和手ぬぐいの生地は織りあがり、タオル用の糸は染色中と着々と進んでいますが、デザインの基本モチーフは和綿倶楽部のシンボルの和綿鶏です。和手ぬぐいは注染、タオルハンカチやコットンマフラーは先染ジャカードの構成です。まもなく、ご覧の機会を設けたいと思います。今週のギフトショーをパスしての意気込です。
by keishi_ikeuchi | 2011-09-09 14:07 | 和綿倶楽部